「このサイトをアプリとしてインストールする」について説明します

このサイトをアプリとしてインストールする

ChromiumベースのWindows 10の新しいMicrosoft Edgeの機能「このサイトをアプリとしてインストールする」について説明します。

新しいMicrosoft Edgeには「このサイトをアプリとしてインストールする」という機能が追加されました。従来のMicrosoft Edgeには「設定など」の「その他のツール」に「このページをスタートにピン留めする」という機能があり、特定のサイトをスタートメニューにタイルとして設定する事は可能でした。

新しいMicrosoft Edgeの「このサイトをアプリとしてインストールする」とは、特定のサイトをアプリとして扱い、スタートメニューにアイコンが登録されます。アプリとしてインストールされたサイトはMicrosoft Edgeとは別の独立したウィンドウで表示します。ボタンやタブ、アドレスバー等は表示しません。

「このサイトをアプリとしてインストールする」には、まず、「このサイトをアプリとしてインストールしたい」サイトを新しいMicrosoft Edgeで表示させ、「設定など」をクリックし、「アプリ」をクリック、「このサイトをアプリとしてインストール」をクリックします。

このサイトをアプリとしてインストール

図のように表示するので、「インストール」をクリックします。

インストール

サイトが独立して表示します。ボタンやタブ、アドレスバー等は表示しません。

サイトが独立して表示

スタートメニューに追加され、タスク バーにもピン留めされます。

スタートメニューに追加

アンインストールするには、「設定など」をクリックし、「アプリ」をクリック、「アプリの管理」をクリックします。

アンインストール

サイトのタイトルを右クリックして「アンインストール」をクリックします。

アンインストール

「削除」をクリックするとアンインストールできます。

アンインストール


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢