Office365について説明します

Office365とは、1年間の使用料金を支払って利用するOfficeの事で、これまでのウイルスバスターやノートン、マカフィーといったセキュリティソフトの利用方法と同様です。Officeは従来は購入時のパソコンにインストール済みか、あるいは、Office Personalを購入するかのどちらかでした。従い、パソコンにインストールされていない場合、Office PersonalとOffice365を選択出来るようになってと言えます。尚、ここでのOffice365は個人向けの Soloを指しています。

それでは、両者の内容を比較していきます。値段は、365は13000円程、Personalは32000円程となっています。機能は365ではWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Access、Publisherが、PersonalはWord、Excel、Outlookのみとなっています。プラットフォームは365は、Windows、Mac、iOS、AndroidなどのPC、スマートフォン、タブレットから2台までで、PersonalではWindowsのみ2台までとなっています。また、365にはOneDriveのクラウドストレージが1TB利用出来る事、制約がありそうですがSkypeが1時間利用出来るといった特典があります。

購入する際どちらを選択するか、多いに悩む事になると思います。利用予定がWindowsのみでWord、Excelのみと考えるのであればPersonalで良いのではと思います。補足ながらWindows10ではWindows Live メールはサポートされていないため、メールにはOutlookを使う事も出来ます。WindowsでPowerPointも使いたいのであれば、Home&Businessというエディションがあり、値段は5000円程アップで行けます。従い、パソコン初心者であればPersonalないしHome&Businessで事足りるのではと思います。

ところが、Windows以外の端末でOfficeを利用したい場合、例えばiPad Proとか、Androidのタブレット、それにMacなどがあるとPersonalは使えません。MacにはOffice Macがありますが、これはMac専用で特にノートパソコンのMacの場合ストレージがSSDで容量が元々少ないため、OneDriveの1TBのクラウドストレージに魅力を感じられます。今回、管理人も悩んだあげく、利用目的は購入したばかりのMacBookで使いたいため、また、Officeの入っていないWindows10などもあるため、Office365を選択しました。

尚、Office365のインストールにはMicrosoftアカウントが必要となります。

Office365は1年更新ですので、後日後どれだけの有効期間があるのかを知りたくなる場合があると思います。それを確認するにはoffice.comの右上にある「サインイン」をクリックします。

サインイン

次の画面を表示するのでMicrosoftアカウントとパスワードを入力して「サインイン」をクリックします。

サインイン

画面下にある「マイ アカウント」をクリックします。

マイ アカウント

アカウントの管理に有効期限が記載されています。

有効期限


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢