SurfaceにOfficeをインストールする方法を説明します

SurfaceにOfficeをインストールする

現在のSurfaceのOfficeのバージョンはOffice Home and Business 2019です。以前のSurfaceのOfficeはOffice Premiumだったため、Office 365の1年間の使用権も付属していました。

Office Home and Business 2019とは、買い取りないし、プリインストールされているOfficeの事です。メリットは後から費用が発生しない事です。デメリットはバージョンアップは有料という事です。

従い、単純に考えると以前のSurfaceのOfficeの方が得のようです。

Office 365は、現在の名称はMicrosoft 365になっています。サブスクリプションとなっていて、年間料金は13000円程となっています。

OneDriveは基本的には無料ですが、無料版の容量は5GBです。Microsoft 365の特徴は、OneDriveを1TB利用出来る事で、容量の小さいSurfaceのデータを余裕でOneDriveのクラウドストレージに保存する事が出来ます。最新版のOfficeのバージョンアップが無料であることやSkypeから固定電話への通話が1月で60分無料になるのも特徴です。

現在、SurfaceでMicrosoft 365はオプションの扱いになっています。しかしキャンペーン割引をしているようで、特に64GBないし128GBのSurface Go 2では容量が必ず不足するので、OneDriveを1TB利用出来るという目的でオプションのMicrosoft 365を併せて購入する事をお勧めします。

現在のSurfaceはOffice Home and Business 2019がプリインストールされています。従い、特にインストールは不要となっています。

但し、Officeのプロダクトキーの入力が必要です。スタートメニューないしタスクトレイにあるアイコンをクリックしてアプリを起動してプロダクトキーを入力するとすぐに利用出来るようになります。

プロダクトキーは見落としがちですが、Surfaceの箱に入っています。白いパッケージの中にあります。

プロダクトキー

パッケージからプロダクトキーを取り出します。

プロダクトキー

プロダクトキーの裏面に使用方法が書いてあります。

使用方法


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢