CC、BCCで送信する方法について説明します

CC、BCCで送信する

CCとBCCは同胞メールで使われますが、同胞メールとは、一度のメール送信で複数の宛先に送信する事です。

「CC、BCC」の意味を確認すると、CCとは、carbon copyの略です。carbon copyとは、カーボン紙によるコピーという意味で、同時に2つの種類が作られるという事です。コンピュータ用語では宛先と同じ内容のメールという事で、CCとして送信するメールアドレスは、全ての同報メール先の人に見えます。

BCCとは、blind carbon copyの略で、見えないcarbon copyという意味で、BCCで送信したメールは同胞メール先の人には見えません。

従い、メールを送信する場合、「宛先」「CC」「BCC」は使い分ける必要があります。「宛先」のメールアドレスは、メールを確実に読んもらいたかったり、返信を希望する場合とします。

「CC」のメールアドレスは、「宛先」の人と同じメールを読んでもらいたく、且つ「宛先」の人に「CC」として同報している事を知らせたい場合とします。
「BCC」で受信したメールは同胞メールである事が分かりません。個人宛に届く事になり、あたかも自分宛に届いたメールのように見えます。

「CC」「BCC」メールを使う事例をあげてみます。

CC、BCCの設定方法

受信トレイで新規メールをクリックします。宛先の右側にある「CCとBCC」をクリックします。

CCとBCC

「CC」と「BCC」を表示します。BCCで送信する場合は「宛先」には自分のメールアドレスを記入します。

BCC

「CC」で送信したメールをOutlook 2016で受信すると次のように表示します。CC欄に送信者一覧を表示しています。

CC

「BCC」で送信したメールをOutlook 2016で受信すると次のように表示します。送信者と宛先が同一のメールアドレスです。

BCC


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢