OutlookのアドレスデータをOutlookに移行する方法を説明します

OutlookのアドレスデータをOutlookに移行する方法

パソコンを買い替える際、Outlookのアドレスデータは使っていたパソコンのものを新規購入したパソコンへ移行させたいものです。尚、Windows7のサポートは2020年1月までとなっています。ここではOutlookからOutlookへの移行手順となっています。Windows Live メールからOutlookへのデータ移行はこちらで紹介しています。

OutlookはWindows7だろうとWindows8.1だろうとWindows 10だろうとどれも同じです。操作方法は同じです。但し、Outlookにはバージョンがあり、2010、2013、2016、Office 365等があり若干画面が異なりますが、基本的には同じです。ここでは一般的にはありえない組み合わせとなりますが、移行元がOffice 365移行先が2013です。一般的には逆になるはずです。

移行元のパソコンの作業

Outlookの「ファイル」タブをクリックします。

「ファイル」タブをクリック

「開く/エクスポート」をクリックします。

「開く/エクスポート」をクリック

「インポート/エクスポート」をクリックします。

「インポート/エクスポート」をクリック

「ファイルにエクスポート」をクリックし、「次へ」をクリックします。

ファイルにエクスポート

「Outlookデータファイル(.pst)」をクリックし、「次へ」をクリックします。

「Outlookデータファイル(.pst)」をクリック

「連絡先」をクリックし、「次へ」をクリックします。

「連絡先」をクリック

「参照」をクリックします。

「参照」をクリック

分かりやすい任意のフォルダーを選択してOKをクリックします。

フォルダーを選択してOK

「完了」をクリックします。

「完了」をクリック

OKをクリックします。パスワードはオプションです。

作業中とか作業完了とかの表示はありません。

OKをクリック

先ほどの任意のフォルダーを確認すると「backup.pst」というファイルがあります。

pst

Outlookを終了させ、このファイルをUSBメモリーやネットワークドライブにコピーします。尚、Outlookを終了させないとコピーは出来ません。以上で移行元のパソコンの作業は完了です。

移行先のパソコンの作業

Outlookの「ファイル」タブをクリックします。

「ファイル」タブをクリック

「開く/エクスポート」をクリックします。

「開く/エクスポート」をクリック

「インポート/エクスポート」をクリックします。

「インポート/エクスポート」をクリック

「他のプログラムまたはファイルからのインポート」をクリックし、「次へ」をクリックします。

他のプログラムまたはファイルからのインポート

「Outlookデータファイル(.pst)」をクリックし、「次へ」をクリックします。

pst

「参照」をクリックします。

「参照」をクリック

先ほど、USBメモリーやネットワークドライブにコピーしてあるファイルの場所を選択して、ここではbackup.pstをクリックして「開く」をクリックします。

「開く」をクリック

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリック

フォルダーを確認の上、「完了」をクリックします。

「完了」をクリック

以上で完了です。「完了」とか「終了」とかの表示は何も無いので、「連絡先」をクリックして確認してみてください。

完了


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢