Office 2013からOffice 2016へ無償アップグレードする方法を説明します

Office 2016へのアップグレード

SurfaceのOfficにはOffice 365の1年間の使用権も付属しています。そのため、Office 2016への無償アップグレードが可能です。一般のWindows10のプリインストールのOffice 2013やパッケージ版はOffice 2016へアップグレードする事は出来ません。いわばSurfaceの特典とも言えるかもしれません。尚、Office 2013からはMicrosoftアカウントを持っていることが前提となっています。

Office 2016にアップグレードするには、office.comのマイ アカウントにMicrosoftアカウントを使ってサインインします。Office Premiumタブをクリックします。図ではOffice 2013も表示していますが、これは別に一つのアカウントで所有しているからです。Office Premium を再インストールしますの、「再インストール」をクリックします。

再インストール

インストールが始まります。

インストール

「実行」をクリックします。
「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますが?」と表示するので「はい」をクリックします。

実行

バックグラウンドでインストールが行われています。

インストール

暫くすると、次の画面を表示します。

インストール

次のように表示するとインストールは完了です。「閉じる」をクリックします。

完了

デスクトップにOffice 2013のショートカットアイコンを置いている場合は、無効となり白くなるので、削除します。

削除

スタートボタンをクリックし、すべてのアプリから何でも良いのでOfficeアプリを右クリックし、「その他」、「ファイルの場所を開く」をクリックします。

ファイルの場所を開く

デスクトップに置きたいOfficeアプリを選択して、右クリックし「送る」、「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

ショートカットを作成

デスクトップにOffice 2016のショートカットアイコンが作成されました。後は動作確認のみです。特にOutlook 2016はデータを引き継いでいるかを確認します。

ショートカットアイコン

Outlook 2016を起動させ、「同意する」をクリックします。

同意

Microsoft Office ラインセンス認証ウィザードを表示しますので、認証をインターネット経由で行うを選択して「次へ」をクリックします。尚、認証はOfficeアプリ一つで行うと全てのアプリが認証されます。

認証

認証が完了すると次の画面を表示しますので、「閉じる」をクリックします。

完了


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢