Surfaceのタイプカバーのタッチパッドの基本操作について説明します

タイプカバーのタッチパッドの基本操作

タッチパッドとは平らな板を指でなぞることによりマウス操作を行うデバイスの総称で、Surfaceでは固有名詞としてタッチパッドと称しているようです。ちなみにNECのノートPCのタッチパッドはNXパッドと言い、AppleのMacではトラックパッドと言います。
Surface 3のタイプカバーのタッチパッドの基本操作を説明します。タッチパッドには「左タッチパッド ボタン」、「右タッチパッド ボタン」があります。ボタンを押すと「ポコ」と音がしボタンが沈みます。
また、1本指でタッチパッド上をタップする事で左クリックと同様の動作となります。

タップ

2本指でタッチパッド上をタップする事で「右クリック」と同様の動作となります。

2本指

2本指でタッチパッド上を横にスライドさせると横スクロールし、縦にスライドさせると縦スクロールします。マウスのホイールの回転と同様の動作となります。

ホイール

3本指で上にスライドさせると仮想デスクトップを表示します。

3本指

3本指で下にスライドさせるとデスクトップ上の全てのアプリを最小化します。

最小化

左タッチパッド ボタンを押したまま、任意の方向に指をスライドさせることでアイコンなどを移動させる事が出来ます。

移動

タッチパッド上を2本指でピンチイン/ピンチアウトする事でアイコンなどを縮小/拡大させる事が出来ます。

縮小/拡大


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢