EdgeのInPrivateブラウズ

HOME > Edge > EdgeのInPrivateブラウズ

EdgeのInPrivateブラウズ

Microsoft EdgeのシークレットモードはInPrivateブラウズと呼ばれます。シークレットモードとは、履歴、Cookie、一時ファイル等の閲覧履歴がパソコンに残る事なく、アカウント名やパスワードなどのログイン情報も残される事なく、パソコンを複数人で共有している場合に有効な機能です。

InPrivateウィンドウを閉じると全ての閲覧履歴は削除されます。逆に言うと、InPrivateブラウズ使わない場合は他人に何を見ていたか等全ての履歴が見られる状態になっています。そのため、ビジネス上は無論、家庭内でも閲覧履歴が消えるので安全な使い方と言えます。

Microsoft EdgeをInPrivateブラウズモードにするには、右上の「設定など」をクリックして、「新しい InPrivateウィンドウ」をクリックします。あるいは、ショートカットキー「Ctrl+Shift+N」キーを同時に押します。メニューに「履歴」がある事を確認してください。ここから閲覧履歴を見る事が出来ます。

InPrivateブラウズモードになります。

例えば、このような大人の男性向けのHPを見たとします。メニューにあった「履歴」は消えています。

InPrivateブラウズモードで閲覧すると履歴は残りませんが、通常モードで閲覧すると何を見ていたのかは全て分かってしまいます。

しかし、毎回InPrivateブラウズモードにするのは煩わしいと感じる事もあるかと思います。そのためMicrosoft Edgeを閉じた際に閲覧履歴を消す方法があります。

右上の「設定など」をクリックして、「設定」をクリックします。

「プライバシー、検索、サービス」をクリックして「ブラウザーを閉じるたびにクリアするデータを選択する」をクリックします。

「閲覧の履歴」をオンにします。その他クリアしたい項目があればオンにします。Edgeを終了させると閲覧履歴は削除されます。但し、Edgeを終了させていないと閲覧履歴は残されたままです。


Copyright ©2015- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ