Edgeの起動を高速化するスタートアップ ブースト

Edgeのスタートアップ ブースト

Microsoft Edgeには起動を高速化するスタートアップ ブーストなる機能があります。Windows起動時にEdgeをバックグラウンドで実行させておいて、いざEdgeのアイコンをクリックすると素早く起動する機能です。Edgeを既定のブラウザーにしてあると、メールのハイパーリンクをクリックするとEdgeが起動していなくても素早くリンク先のページを見る事が出来ます。しかし、標準ではスタートアップ ブーストはオフになっています。スタートアップ ブーストを使うにはまずはオンにする必要があります。

「設定など」をクリックして、「設定」をクリックします。

「設定」をクリック

「システムとパフォーマンス」をクリックします。

「システムとパフォーマンス」をクリック

「スタートアップ ブースト」をクリックして、オンにします。以上で設定は完了です。

スタートアップ ブースト

Edgeを閉じてからタスク マネージャーを起動して確認するとバックグラウンド プロセスとしてEdgeが動作している事が確認出来ます。

バックグラウンド プロセスとしてEdgeが動作

スタートアップ ブーストをオフにした状態で、Edgeを閉じてからタスク マネージャーを起動して確認するとEdgeはバックグラウンド プロセスには無い事が確認出来ます。

Edgeはバックグラウンド プロセスには無い


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢