ランダムなハードウェアアドレスを有効にする

HOME > 各種設定 > ランダムなハードウェアアドレスを有効にする

ランダムなハードウェアアドレスを有効に設定する

ランダムなハードウェアアドレスとは、ネットワークインターフェースを識別するための従来は一意であるMACアドレスをランダムにするという事で、ランダムにすることにより端末を特定する事が難しくなる。つまり、セキュリティを向上させる事です。

<

Wi-Fiのみ適用され、イーサネットはサポートされません。又、ランダムなハードウェアアドレスを有効にすると、旧い仕様のプロバイダー等や大学のキャンパスネットでMACアドレス登録を行っているとインターネット接続出来なくなる場合があります。

ランダムなハードウェアアドレスを有効に設定するには、すべてのネットワークを対象にする方法と、SSID(アクセスポイント、Wi-Fiルーター)毎に個別に行う方法があります。

すべてのネットワークを対象にランダムなハードウェアアドレスを有効にするには、「設定」の「ネットワークとインターネット」をクリックして「Wi-Fi」をクリックします。

「Wi-Fi」をクリック

「ランダムなハードウェア アドレスを使う」をクリックしてオンにします。以上で設定完了です。

設定完了

個別に設定を行う場合は、「設定」、「ネットワークとインターネット」、「Wi-Fi」の画面で「既知のネットワークの管理」をクリックします。

個別設定

ランダムなハードウェアアドレスを有効にしたいSSIDをクリックしてプロパティをクリックします。

プロパティをクリック

「このネットワークでランダムなアドレスを使う」の「v」をクリックしてオンをクリックします。以上で設定完了です。

ランダムなアドレス

設定が正しくされているか確認するには、設定前にコマンドプロンプトを起動して「ipconfig/all」と入力します。「Wireless LAN adapter Wi-Fi」という項目の「物理アドレス」がハードウェアアドレスとなります。ここでは最後の2桁が「09」になっています。

ipconfig/all

設定後に同様にコマンドプロンプトを起動して「ipconfig/all」と入力します。「Wireless LAN adapter Wi-Fi」という項目の「物理アドレス」を確認すると「1C」となっています。このことからハードウェアアドレスがランダムになっている事が確認出来ます。

ipconfig/all


Copyright ©2015- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ