Windows Helloの設定方法を説明します

Windows Helloとは

Windows Helloとは、Windows 10の新機能で、生体認証の機能です。生体認証とは、指紋や顔による認証です。サインイン時に、指紋などをパスワードの代わりに使う事が出来ます。

ここでは指紋リーダーを使ったWindows Helloの設定方法について説明します。Windows Helloを使うためには、事前に「PIN」の設定をする必要があります。「PIN」の設定はこちらで紹介しています。指紋リーダーはBENSSのUA002を使っています。ネットで4000円程で販売しています。

ここからは「PIN」が設定済という前提で説明します。Windows Helloを設定するには、「設定」の「アカウント」をクリックして「サインイン オプション」をクリックします。指紋リーダーをUSBに差していないと次のように表示します。

Windows Hello

指紋リーダーをUSBに差すとドライバがインストールされます。「Windows Hello 指紋認証」をクリックします。

Windows Hello

「セットアップ」をクリックします。

Windows Hello

「開始する」をクリックします。

Windows Hello

「PIN」を入力します。

PIN

指紋センサーにタッチします。

指紋センサー

何度もタッチします。

指紋センサー

画面の指示に従いタッチします。感度はあまり良くないようで、タッチを何回も促されます。

指紋センサー

完了すると次のように表示します。念のために、別の指も追加しておいた方が良いでしょう。

完了

「サインイン オプション」に戻ると次のように表示します。これで設定は完了です。

完了

一度、再起動ないしサインアウトして、サインインしようとすると、指紋認証を促します。

指紋認証


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢