Windows 10のタッチキーボードの使い方について説明します

タッチキーボードの使い方

Windows 10にはスクリーンキーボードと共に、タッチキーボードも装備しています。タッチキーボードは一般的にはキーボードの無いタブレットで使うキーボードです。しかし、デスクトップパソコンにも機能があります。デスクトップパソコンでもタッチキーボードを画面上に表示してマウス操作だけで文字入力が出来ます。

タッチスクリーン対応のディスプレイのパソコンにはタッチキーボードはタスクバーにありますが、デスクトップパソコン等にはタスクバーにありません。タスクバーを右クリックして「タッチキーボードのボタンの表示」をクリック(タップ)します。

タッチキーボード

タッチキーボードを表示します。起動するにはクリックします。

タッチキーボード

タッチキーボードが起動します。日本語英語の切替は「あ/A」で行います。顔文字をクリックすると顔文字キーボードになります。

「あ/A」

「&123」をクリックすると数字記号になります。

「&123」

「あいう」をクリックすると普通のキーボードになります。

「あいう」

「↑」をクリックすると英字の大文字、小文字を切替出来ます。

「↑」

キーボードの左上の部分をクリックすると下にメニューが現れ図の部分をクリックするとキーボードが画面下部に張り付きます。

画面下部


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢