仮想デスクトップ について説明します

仮想デスクトップ

仮想デスクトップとは、使っているアプリをデスクトップごと切り替える機能で、パソコンが1台なのにあたかも複数のパソコンを使っているかのように出来る事です。
例えば、証券会社のホームページを見ながら状況をExcelに入力したり、Wordの資料からPowerPointで資料を作りといった場面がかります。
具体的には、管理人の職業はホームページ制作ですので、パソコン用とスマートフォン用のホームページの画面に出しておきます。

ホームページの画面

仮想デスクトップを作るためにタスクバーにあるタスクビューをクリックします。Windows 10の旧バージョンと新バージョンではタスクビューの位置が異なります。

タスクビュー

次のように表示するので、画面右下にある+ 新しいデスクトップをクリックします。

新しいデスクトップ

デスクトップ1とデスクトップ2が画面下部に表示します。

デスクトップ

デスクトップ2をクリックし、ソースコードである、HTMLとスタイルシートを表示させます。

デスクトップ

デスクトップ1とデスクトップ2で仮想デスクトップを作った事になり、従来2台のパソコンが無いと出来なかった開発環境を構築出来ます。つまりデスクトップ2でソースコードを修正しながら、デスクトップ1ではwebページの確認作業を行えます。

開発環境

更にデスクトップ3を作り、ここではweb検索とメールを使う事にしました。3つの仮想デスクトップを作り切り替えて使うと大変に便利である事が分かると思います。

3つの仮想デスクトップ


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢