ユーザーアカウントの権限

HOME > 基本/基本操作 > ユーザーアカウントの権限

ユーザーアカウントの権限

Windows 10にはMicrosoftアカウントとローカルアカウントという種類以外に、ユーザーアカウントには、「標準ユーザー」と「管理者」の2つの権限があります。ユーザーアカウントを追加すると「標準ユーザー」となりますが後から「管理者」に変更が可能です。

標準ユーザーは、ほとんどのアプリを使用することができますが、「管理者」のデータにはアクセス出来ず、他のユーザー設定をしたりセキュリティ設定を変更する事は出来ません。

管理者は、全てのデータにアクセス出来、他のユーザー設定をしたり全ての設定を変更することが出来ます。

標準ユーザーでサインインします。管理者のフォルダーにアクセスしようとすると、「このフォルダーにアクセスする許可がありません」と表示します。「続行」をクリックすると管理者のパスワードを入力を求められます。

標準ユーザーでサインイン

「設定」の「アカウント」に「家族とその他ユーザー」が無いため、他のユーザー設定する事は出来ません。

標準ユーザーでサインイン

コントロールパネルの「システムとセキュリティ」で次の項目では管理者のパスワード入力を求められます。

標準ユーザーでサインイン

ユーザーアカウントの権限は「管理者」から変更が可能です。「設定」の「アカウント」にある「家族とその他のユーザー」をクリックして、権限を変更したいアカウントをクリックすると「アカウントの種類の変更」を表示するのでクリックします。

アカウントの種類の変更

「管理者」をクリックしてOKをクリックします。

「管理者」をクリック

「管理者」になりました。

管理者


Copyright ©2015- rakumu Corp All Rights Reserved.
運営者>>web/seo 有限会社楽夢
お問合せ