Windows 10のシステムの復元について説明します

システムの復元

システムの復元とは、Windows 10に不具合が生じた時に使う、トラブルシューティングツールです。「システムの復元」は、パソコンに不具合が生じた場合、Windowsの重要なファイルをあらかじめ作成した復元ポイントの状態に戻す事により、回復を試みるものです。しかし、必ず直るという訳ではありません。

「システムの復元」を使うためには、最初に復元ポイントを作成する必要があります。復元ポイントを作成しておく事により、不測の事態の備えとなります。

復元ポイントを作成する

復元ポイントを作成するには、「システムのプロパティ」の画面を表示させる必要がありますが、Windows 10のバージョンにより異なります。

2004より前のバージョン

2004より前のバージョンの場合は、エクスプローラー等の「PC」を右クリックして「プロパティ」をクリックします。

プロパティ

コントロールパネルの「システム」を表示します。「システムの保護」をクリックします。

コントロールパネル

「システムのプロパティ」を表示します。

システムのプロパティ

20H2より後のバージョン

20H2より後のバージョンの場合は、「設定」の「システム」をクリックし、「詳細情報」をクリックします。

詳細情報

一番下までスクロールして、「システムの保護」をクリックします。

説明を入力

同様に「システムのプロパティ」を表示します。

システムのプロパティ

復元ポイントの作成

「システムのプロパティ」が表示したら、「保護設定」で利用できるドライブが「有効」になっている事を確認します。

もし、「保護設定」で利用できるドライブが無効になっていたら、「構成」をクリックして「システムの保護を有効にする」を選択し、「OK」をクリックします。保護は有効となります。

「作成」をクリックします。

「作成」をクリック

復元ポイントの識別が分かるように説明を入力し(ここでは日付を入力)、「作成」をクリックします。

復元ポイントの作成がされます。時間がかかる場合があります。「閉じる」をクリックします。これで復元ポイントが出来ました。

システムを復元する

システムを復元するのはWindowsに不具合が生じた場合です。ここでは不測の事態が発生したという仮定でシステムを復元する方法を説明します。

システムを復元するには、上記の手順で「システムのプロパティ」の「システムの保護」を表示させ、「システムの復元」をクリックします。

システムの復元

次の画面を表示するので、「次へ」をクリックします。

システムの復元

「復元ポイントの確認」と表示するので、確認のため、「影響を受けるプログラムの検出」をクリックします。

復元ポイントの確認

影響を受けるプログラムを確認します。確認の画面を閉じます。

影響を受けるプログラム

「完了」をクリックします。

完了

「いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?」と表示するので「はい」をクリックします。

続行

システムの復元の準備が始まります。

準備

「Windowsのファイルと設定を復元しています。・・・」というメッセージを表示し、システムの復元が始まります。時間がかかります。

システムの復元

システムの復元が終わると再起動します。再起動後、「システムの復元は正常に完了しました。・・・」と表示したら、「閉じる」をクリックすると完了です。

完了


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢