強制的にWi-Fi接続する設定方法について説明します

強制的にWi-Fi接続する設定方法

Windowsの不具合や、7や8からアップデートしたWindows 10でタスクトレイのWi-FiアイコンをクリックしてもSSIDを表示しない場合が希にあります。SSIDが表示しないのでネットワーク接続する事が出来ません。そこで、一般的な接続方法でWi-Fi接続出来ない場合に、強制的にWi-Fi接続する方法を説明します。

最初にWi-FiルーターのSSIDとセキュリティキー(パスワード)を事前に控えておきます。

「設定」を開き、「ネットワークとインターネット」をクリックします。「状態」を選択している事を確認し、右側の部分を下にスクロールさせます。「ネットワークと共有センター」をクリックします。

ネットワークと共有センター

「ネットワークと共有センター」を表示するので、「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。

新しい接続またはネットワークのセットアップ

「接続またはネットワークのセットアップ」を表示するので、「ワイヤレス ネットワークに手動で接続します」をクリックし、「次へ」をクリックします。

ワイヤレス ネットワークに手動で接続します

「ワイヤレス ネットワークに手動で接続します」を表示するので、「ネットワーク名」に控えにあるSSIDを、「セキュリティの種類」は一般的にはWPA2-パーソナルを選択すると「暗号化の選択」は自動的にAESになります。セキュリティキーを入力し、「この接続を自動的に開始します」をチェックして「次へ」をクリックします。

ワイヤレス ネットワークに手動で接続します

次のように表示してWi-Fi接続されるようになります。「閉じる」をクリックします。

Wi-Fi接続


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢