スクリーンセーバーの設定方法を説明します

スクリーンセーバーの設定

スクリーンセーバーとは、一定時間の後にモニターにアニメーションのようなものを表示させるものです。解除するにはマウスを動かします。元々は20年程前のモニターがCRT(ブラウン管のテレビ)の時代はCRTの焼き付きを防止するものでした。現在の機能としては、他人からの覗き見を防ぐという意味合いになっています。

Windows 10のスクリーンセーバー設定はこれまでのWindowsと少々異なっています。以前のWindowsであればデスクトップを右クリックして「個人設定」から行う事が出来ました。

ところが、Windows 10のスクリーンセーバー設定は複雑になり、スタートボタンをクリックして「設定」をクリック、「個人用設定」をクリックします。更に「ロック画面」をクリックします。尚、古いバージョンのWindows 10では「個人用設定」が「パーソナル設定」となります。

あるいは、デスクトップを右クリックして「個人用設定」を開く事も出来ます。

ロック画面

右側部分の下の方に「スクリーンセーバー設定」がありますので、クリックします。

設定

「スクリーンセーバーの設定」を表示するので、好みのスクリーンセーバーと待ち時間を設定してOKをクリックします。「再開時にログオン画面に戻る」にチェックすると、スクリーンセーバーを解除するとロック画面となります。従い、ロック画面のパスワードで保護が出来ます。尚、「スクリーンセーバーの設定」の表示はWindows 7と同じです。

スクリーンセーバー

「プレビュー」をクリックするとどのようなスクリーンセーバーであるかを確認出来ます。

プレビュー


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢