Windows 10のWi-Fiの設定について説明します

Wi-Fiの設定

Windows 10にWi-Fiを設定する方法は、「タスク バー」から行う方法と、「設定」から行う方法があります。

いずれの方法でも最初にWi-Fiルーターの「SSID」と「暗号キー」を控えておく必要があります。「SSID」と「暗号キー」は一般的にはWi-Fiルーターの側面や背面に記載されています。「SSID」とはWi-FiルーターのIDのことで、「暗号キー」はパスワードのことで、「セキュリティキー」とか「ネットワークキー」と呼ばれる場合もあります。

次に、Wi-Fiがオンになっている事を確認します。タスク バーにあるWi-Fiアイコンをクリックすると、上部に「ネットワーク設定」を表示しWi-Fiが無効で、Wi-Fiがグレーの場合はWi-Fiがオフになっています。Wi-Fiをクリックします。

Wi-Fiをクリック

Wi-Fiがオンになると青くなり、利用可能と表示します。

青

「タスク バー」からWi-Fi設定を行う方法

タスク バーにあるWi-Fiアイコンをクリックし、控えを見ながら、自分の「SSID」を捜し、「自動的に接続」にチェックをして「接続」をクリックします。その際、住宅密集地やマンションの場合、SSIDが多数検出する事があります。

SSID

「ネットワーク セキュリティ キーの入力」を促されますので、控えを見ながら、自分の「SSID」の「暗号キー」を記入して「次へ」をクリックします。尚、共有設定の画面を表示した場合、環境に合わせ(複数のPCがあって共有の必要があるか否か)「はい」または「いいえ」を選択します。

ネットワークセキュリティキー

SSIDが接続されている事を確認します。以上で設定作業は完了です。

接続済

「設定」からWi-Fi設定を行う方法

スタートボタン、「設定」をクリックして「ネットワークとインターネット」をクリックします。Wi-Fiがオフになっていたら、クリックしてオンにします。

設定

Wi-FiをオンにするとSSIDの一覧を表示しますので、自分の「SSID」を捜して、「SSID」をクリックし、「自動的に接続」にチェックをして「接続」をクリックします。

接続

「ネットワーク セキュリティ キーの入力」を促されますので、控えを見ながら、自分の「SSID」の「暗号キー」を記入して「次へ」をクリックします。

暗号キー

「接続済み」と表示すると設定作業は完了です。

接続済み

機内モード

病院や飛行機でノートパソコンを使う際、Wi-FiやBluetooth等の電波を止めなければなりません。その場合は「機内モード」に設定します。機内モードをクリックするとアイコンが青くなり、タスクトレイのWi-Fiのアイコンが飛行機のアイコンに変わります。

機内モード


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢