Windows 10でWi-Fiがオンにならない場合の対応方法を説明します

Wi-Fiがオンにならない

Windows 10で操作ミスにより「機内モード」にすると無線LAN接続が出来なくなるという情報は紹介していますが、他にも操作ミスによってWi-Fiがオンにならず、無線LAN接続が出来なくなる事があります。そのような状態からの復帰方法を説明します。

Wi-Fiが無効になっているので、オンにしようと、Wi-Fiボタンをクリックしてもオンになりません。

Wi-Fiが無効

「設定」の「ネットワークとインターネット」にある「Wi-Fi」からWi-Fiをオンにしてもオンにはなりません。

Wi-Fiが無効

コントロールパネルから確認するとWi-Fiは無効にはなっていません。

コントロールパネル

このような場合、パソコンのWi-Fiが壊れているというケースは極希です。

Wi-Fiスイッチを誤ってオフにしてしまうというケースがほとんどです。

Wi-Fiスイッチを誤ってオフにする事例

管理人のこのパソコンのWi-Fiスイッチはキーボードの「F3」キーと「Fn」キーを2回押してオン/オフを切り替えます。1回押しただけではオン/オフを切り替える事は出来ません。希なケースとは思います。

Wi-Fiスイッチ

このパソコンにはWi-Fiスイッチはありませんが、「機内モード」があります。「F7」キーを押すと「機内モード」になりWi-Fiはオフになります。

Wi-Fiスイッチ

このパソコンは本体の側面に物理的なスイッチがあります。

Wi-Fiスイッチ

従い、Wi-Fiがオンにならなくなった場合、まずはWi-Fiスイッチのオン/オフを確認する事が重要です。しかし、Wi-Fiスイッチが何処にあり、どのように設定すれば良いのかはパソコンにより異なるため、パソコンのマニュアルで確認する事です。


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢