Windows 10のスタートアップの設定方法を説明します

Windows 10のスタートアップの設定

Windows 10にはスタートアップは2種類あります。

1つはユーザー名のログオン時に起動するプログラムです。特定のユーザー名がログオンした際に起動するプログラムと、すべてのユーザー名がログオンした際に起動するプログラムとがあります。

特定のユーザー名とは、Windowsにログオンする際の個人名あるいは家族で共用して使っている場合は家族の名前です。

複数のユーザー名を作成してあるとログオン後、壁紙などがそれぞれ異なっていたりする場合があります。

そして、もう1つのスタートアップは、Windowsの起動時に実行するプログラムです。但し、こちらはシステムにより制御されているため、設定を誤るとWindowsに不具合が生じる可能性があります。また、プログラムを追加する事は出来ません。

Windows8からスタートメニューに「スタートアップフォルダー」が無くなっていますので、ログオン時に起動するプログラムを設定するには、エクスプローラーで「スタートアップフォルダー」まで辿っていく必要があります。尚、この作業の前に隠しファイルと隠しフォルダーを表示しておく必要があります。

特定のユーザー名がログオンした際に起動するプログラムが置かれるスタートアップフォルダーは次の場所にあります。

C:\ユーザー\「ユーザー名」\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

スタートアップフォルダー

すべてのユーザー名がログオンした際に起動するプログラムが置かれるスタートアップフォルダーは次の場所にあります。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

スタートアップフォルダー

Windowsの起動時に実行するプログラムを設定するには、タスクバーを右クリックし「タスク マネージャー」をクリックします。

タスク マネージャー

「タスク マネージャー」を表示しますので、「スタートアップ」タブをクリックします。無効にしたいプログラムは、「無効」をクリックする事で有効から無効にする事が出来ます。

無効


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢