Windows 10のセーフモードの設定方法を説明します

Windows 10のセーフモード

セーフモードとは、Windows 10の診断用の起動モードの事で、Windowsの必要最小限のプログラムで機能を限定してパソコンを起動させるモードです。

パソコンの状態が不安定で、正常に起動が出来ない場合に、セーフモードで起動してトラブルの原因の切り分けを行います。

以前のWindowsでは「F8」キーを押す事でセーフモードは起動出来ました。Windows 10では「設定」からも行えますが、ここでは「msconfig」を使ったWindows 10のセーフモード起動方法を説明します。

スタートボタンの隣にある「ここに入力して検索」に「msconfig」と入力します。「システム構成」をクリックします。(パスワードやPINの入力画面が出る場合もあります。)

msconfig

「システム構成」が表示します。「ブート」タブをクリックし、「ブートオプション」にある「セーフブート」をチェックし「OK」をクリックします。

「セーフブート」をチェック

「システム構成の変更を有効にするには、・・・」と表示するので、「再起動」をクリックします。

再起動

再起動するとセーフモードで起動します。

セーフモード

トラブル診断が完了したら、「msconfig」起動して「ブートオプション」にある「セーフブート」のチェックを外します。チェックが付いていると常にセーフモードで起動してしまいます。

チェックを外します


Copyright ©2015- www.windows10info.net All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作/SEO-川越市-楽夢